ケトジェニックダイエット中のMCTオイルの適切な摂取量(第15回)

ダイエット
スポンサーリンク

ケトジェニックに切り替えて、1日経過しました。

現在の体重は・・・66.55kg

微減ですが、ケトーシスに入るまでは、まだまだかかるので、継続して様子を見ていきます。

さて、ケトジェニック(糖質制限)ダイエット中に活用したいのが、「MCTオイル」です。

ただ、「1日にどのぐらい摂取したら良いの?」と悩んだことはないでしょうか。

そこで今回は「MCTオイル」の適切な1日の摂取量について、解説したいと思います。

スポンサーリンク

ケトジェニックダイエット中のMCTオイルの摂取量

結論から書きます。

「MCTオイル」の適切な摂取量は、30−50g/日です。

摂取量が多いと、お腹が緩くなる可能性があるので、1日3回以上、分割して摂取するようにしましょう。

お腹が緩くなる摂取量には個人差があるので、自分の体の様子を見つつ、調整しましょう。

ケトジェニックダイエット中は脂質がエネルギー源

ケトジェニックダイエット中のエネルギー源は「脂質」です。

一般的なダイエットは「脂質」を制限することが多いですが、ケトジェニックダイエットでは「糖質」を制限するため、それに変わるエネルギー源が「脂質」となります。

多くの脂質を摂取することが辛い場合「ケトーシス状態(ケトン体がエネルギー源に切り替わること)」に早く入りたい場合は、MCTオイルを活用することをお勧めします。

MCTオイルは素早くエネルギーに変換される

MCTオイルは「油(脂質)」ですが、「中鎖脂肪酸」と呼ばれ、一般的な脂質と比べエネルギー源に変換されやすい性質を持っています。

ケトジェニックダイエットでは、「ケトーシス状態」になる必要がありますが、通常1−2週間程度かかります。

MCTオイルのような「脂質」は、素早くエネルギー源に変換されるため、「ケトーシス状態」に早く入ることができるので、ケトジェニックダイエットには、ぜひ活用したいサプリメントです。

おすすめのMCTオイル

おすすめのMCTオイルは、仙台勝山館のMCTオイルです。

パパベイビーもこのMCTオイルを活用して、ケトジェニックダイエットを頑張っています。

ケトジェニックダイエット中もPFCバランスを設定するべき

ケトジェニックダイエット中は、PFCバランスを設定して、「脂質」の適切な摂取量を把握するようにしてください。

ケトジェニックダイエット中のPFCバランスの設定方法については、以下の記事で解説していますので、参考にしてみてくださいね。

ダイエットの原則を忘れるな

ダイエットの原則は、消費カロリー(推定エネルギー摂取量)>摂取カロリーにすることです。

脂質のカロリーは「9kcal/1g」になりますので、脂質の取りすぎには注意です。

「見える化」の目的で、全体の摂取カロリーや脂質の摂取量を把握するために、PFCバランスは設定するべきです。

脂質の適切な摂取量を把握する

PFCバランスを設定して、1日の脂質の摂取量を把握したら「食事メニュー」を設定しましょう。

ケトジェニックダイエットでは、ローファットダイエットのような、細かな食事分割は必要ないと考えています。(もちろん、分割しても問題ありません)

1日3回、PFCバランスを守りつつ、食事メニューを考えるようにしてみてくださいね。

ケトジェニックダイエット中はMCTオイルを活用しよう

以上、MCTオイルの適切な摂取量について、お話してきました。

ケトジェニックダイエット中は、MCTオイルを活用して、早く「ケトーシス状態」に入ることを心がけましょう。

体調を崩さないように、マルチビタミンなども積極的に摂取するようにしましょうね。

こんな記事も書いています。

ケトジェニックダイエットを始めるにあたり、活用するべき3つのサプリメントについて、紹介しています。

かっこいい体を目指すなら、ケトジェニックダイエット中の「お酒」は厳禁です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました