ローファットダイエット中の食事方法と食事内容(第6回)

ダイエット
スポンサーリンク

ダイエット開始からちょうど1ヶ月経過しました。

体重は、今朝で69.2kg!! あれ?増えてるやん? 

実は代謝が落ちていると判断し、先週チートデイ挟んだので、70kgぐらいまで一旦増加しました。そこからの減少はやはりスムーズです。

チートデイはハイカーボで設定しましたが、やはりカラダのメリハリがはっきりして、ケトジェニック中のカラダつきと明らかに違います。現在は体重は増えていますが、カラダの絞り具合は現在の方が良いです。

スポンサーリンク

ローファットダイエット中の食事方法と食事内容

ダイエットは食事を分割することです。

PFCバランスを設定して、1日の摂取カロリーを計算したら、あとは1日の食事を分割します。

パパベイビーの場合は、摂取カロリーは「1710kcal」です。これを1日6回に分割して、摂取しています。

  • AM8:00 糖質60g+タンパク質30g+脂質5g
  • AM11:00 糖質50g+タンパク質30g+脂質10g
  • PM14:00 糖質50g+タンパク質30g+脂質5g
  • PM17:00 糖質40g+タンパク質30g+脂質5g
  • PM20:00 タンパク質20g+脂質5g
  • PM22:00 タンパク質20g

ケトジェニックダイエット中は、脂質がエネルギーのメインなので、食事分割する意味合いはそこまでないのですが、ローファットダイエット時は厳密に分割した方が良いです。定期的にエネルギーが入ってくることで脳を騙し、代謝促進を狙います。

PFCバランスの設定は必須です

PFCバランスをキッチリ設定しないと、ローファットダイエットはうまくいきません。

また、設定していてもカラダの様子を見ながら、途中でPFCバランスを見直すこともあります。まずは設定した摂取カロリーをもとにPFCバランスを計算しましょう。

PFCバランスの設定方法については、以前の記事で解説しています。

カラダの変化を見ながら、チートデイを取り入れる

ローファットダイエットはケトジェニックダイエットと比べて、結果が出るまで時間がかかります。

カラダの絞り具合を見つつ、変化が薄いなと思った時は、チートデイをうまく取り入れるとよいでしょう。

なかなか体重が減らないといって、体重の変化ばかりにとらわれないように。あくまでカラダの見た目の変化を参考にしてくださいね。そうすれば自然と体重も減っていきます。

以下の記事ではチートデイの注意点に関して、解説しています。

以下の記事では、ローファット中のチートデイの設定と食事例を公開していますので、参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました