育児中(産後)ダイエットも食事コントロールが基本です(第4回)

育児
スポンサーリンク

育休取得後1ヶ月が経過しますが、産後3週間ほどで、奥さんはすでに妊娠前の体重(58kg→46kg)に戻りました。

結論、育児中(産後)のダイエットは、通常のダイエットと同様、食事コントロールが基本です。そのことについて、解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

ダイエット≒食事分割です

一番伝えたいことは、ダイエット≒食事分割ということです。

パパベイビーは他の(筋トレ)記事でも書いていますが、「ダイエット」が得意です。

パパベイビーはまず、育休中の料理を担当し、食事を分割するところから、スタートしました。

個人のダイエットとしての理想は5−6回の分割ですが、今回は3時間毎の4回分割としました。

  • AM 9:00
  • PM 12:00
  • PM 15:00
  • PM 18:00

「育児中」ということもあり、食事内容はそこまでシビアに管理せず、回数を分割することにFocusしています。

最低限、意識したことは以下の2点です。

  • 「和食中心」
  • 「積極的なタンパク質摂取」

母乳育児であれば、やはり和食が最適です。(個人差もあると思いますが)

また、タンパク質を積極的に摂取することは、ダイエットの核なので、最低限意識するようにしましょう。

産後は「赤ちゃん>>自分」になる

ママの体が元に戻るためには、時間がかかり、なおかつ育児にも対応しなければいけません。

つまり、産後まもない間は、自分の体を気にする余裕がありません

そこで、パパベイビーは「ママベイビーの産後サポートをしながら、できる限り早く、妊娠前の体の状態に戻ってもらおう」と考えました。

「出産に伴う体の変化を元に戻す」ということについては、時間がかかると思いますが、多くの女性が気にする「体重」を戻すというところからサポートしました。

赤ちゃんの成長も大切ですが、それと同じぐらいママの体も大切です。サポートの形は様々ですが、少しでもママの心の負担を減らせるよう、パパに何ができるか考えてサポートできるようにしましょう。

ほな、またねー。

パパベイビーの個人的なダイエットチャレンジの記事も書いています。

産後の赤ちゃんの手続き関連は、パパが担当するようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました